2018年 第29回科学技術コンクール

ロボット・チャレンジ2018

 
日 時 2018年11月10日(土)  9:30〜16:00 
会 場 多目的ホール・企画展示室
内 容 自作電動リモコンロボット(開催要項8競技(5)ロボットの仕様参照)を持ち込み、当館が用意するコート上でスチール缶を複数の得点エリアに運び、得点を競う競技会です。
参加費 参加費、観戦料共になし
定 員 なし
申し込み
注意:当日エントリーは、受け付けません。
 
・申し込み期間:2018年9月1日(土)〜9月30日(日) 
・申し込み方法:エントリー用紙に記入の上、FAX、メール添付による。(下記の開催要項参照)
・エントリー用紙
    学校用ダウンロード: ワード形式(17KB)、PDF形式(208KB)  ※部活動や授業の一環として参加される場合は、必ず学校長の許可を得てください。
    個人用ダウンロード: ワード形式(18KB)、PDF形式(123KB)
備 考
・スターダウンロード: JPEG形式(657KB)
・練習会期日:10 月27日(土) 9:45〜12:00、 13:00〜16:00、10月28 日(日) 9:45〜12:00
  本競技会に先立ちまして、下記の期日に本番と同じコースで行う練習会を企画しております。
  なお、練習会における各チームへの時間の割り当ては行いません。混雑時はお互いに譲り合って練習を行っていただきます。詳しくは、参加申込後にご案内致しします。

・開催要項ダウンロード: PDF形式(1,087KB)
  ※昨年度とルールが大幅に異なりますので、必ず開催要項をご覧ください。昨年度からの大きな変更点は下記のとおりです。
    @ スタートエリアの変更。
    A 谷に人工芝を設置し、橋はない。(段差は約2.5cm に軽減。)
    B 山の高さは10 cm。(斜面は、滑り止め加工。)
    C コート内に台を2 ヵ所設置し、回収する缶が1本ずつ台の上に置かれている。
    D 得点のルールの変更。(詳細は開催要項8(1)を参照してください。)
      また、10本の缶のうち3本は、ボーナス缶。ボーナス缶は1本につき10点加点される。

・競技で使用する『かがく缶』の仕様について: PDF形式(917 KB)

・コース写真 ※予選、決勝ともに同じコースを使用します。今年度は決勝時も中央の仕切りは取り払いません。
          画像をクリックすると、拡大写真がご覧になれます。   
 予選
(190mLスチール缶使用)
 本選(決勝)トーナメント
(250mLスチール缶使用)
得点ゾーン(宇宙基地エリア)
・『かがく缶』(小)×10個/(片面)×2コース
 うちボーナス缶3本
・『かがく缶』(大)×10個/(片面)×2コース
 うちボーナス缶3本
『かがく缶』1個につき、
宇宙基地A (上段):立つ20点、横倒し10点(上段箱)
宇宙基地B (中段):立つ10点、横倒し5点
宇宙基地C (床面):立つ5点、横倒し2点
※ボーナス缶1つにつき、さらに10点が加点されます。
 詳細は開催要項8(1)得点を参照してください。
 『かがく缶(小)』  『かがく缶(大)』  

『ボーナス缶』

競技コート
予選で使用する『かがく缶(小)』と得点ゾーン
決勝で使用する『かがく缶(大)』と得点ゾーン